スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

   
category : - | - | -
ページトップ▲

不眠症の治療

ここでは不眠症の治療についてご紹介してみたいと思います。

まず、認識してほしいことは不眠症とは永久に続くものではないと言うことです。「眠れない。眠れない。」と不眠症のことを考えれば考えるほど余計眠れなくなってくるものです。
しかし、治るものだと思うと気持ちにも余裕がでてきていい方向に進む可能性があります。

不眠症を改善していくためには生活面の改善が大切になってきます。それでも不安だと思う方は病院での治療を併用するなど、適切な対応をしてみるなどしてもいいと思います。

それではどうやって生活面の改善をしていくかと言うと、簡単に言うと眠りやすい環境を作るようにしましょう。
暑すぎたり寒すぎたりすることが原因であれば温度調節をしてみる。明るすぎるのであれば遮光カーテンを使用するなど光の調節をしてみる。
など、不眠症の原因になっていそうな事を排除していくようにしましょう。

また、眠れない原因がストレスから来ているのであれば、ストレスを解消するためにも音楽を聞いたり、お風呂に入ったり、趣味に没頭してみたりするなどしてリラックスするよう心がけてみましょう。

上記のように生活面を改善してみてもまだ、不眠が続くようであるのならばお医者様に相談してみましょう。

病院による治療になると精神面を治療すること、薬によって治療することが主な治療方法になります。
薬だと主に睡眠薬が処方される場合が多いですが、用法や容量など医師の指示を聞いて服用することが大切です。
   
category : 不眠症の原因と対策 | comments(32) | trackbacks(0)
ページトップ▲

不眠症の原因

不眠症になる原因として以下に記述してあることが主な原因としてあげられると思います。

【環境による原因】
眠るときの環境によって起きる原因です。例えば夜中家の外で工事などが行われていて、うるさくて眠れないとか、熱帯夜など暑すぎて眠れないとか、一緒に寝ている人のいびきや歯ぎしりがうるさくて眠れないとかあげられると思います。

こういう生活環境に原因がある場合、あまり悩みすぎてしまうと悪化してしまう可能性があるので注意が必要です。

また、これ以外には引っ越したばかりで落ち着かず眠れない、旅行で枕が変わって眠れないなど一時的な原因による不眠であれば慣れれば治ると思いますので心配いらないと思います。

【生理的なことが原因】
海外旅行で見られる時差ぼけや、2交代、3交代などで勤務がいろいろな時間帯で働かなくてはならない場合など眠るときのタイミングが変わってしまい眠れなくなってしまうケースがあります。

一時的なものでしたら、まだいいのですが、症状が酷くなるようでしたら環境を改善してもらうなどの対策をしてみるようにしましょう。

【心理的なことが原因】
悩みや心配事、ストレスが原因で不眠症になる場合があります。
考えすぎることで不眠症自体が悪化してしまう可能性がありますので、なるべく考えすぎないようにすることが大切になってくると思います。

【器質的なことが原因】
睡眠時無呼吸症候群など、体になんらかの症状がでていることが原因となり不眠症になる場合があります。

【精神的な疾患が原因】
うつ病など精神科を必要とする病気の場合、不眠症の症状を伴う場合があります。
   
category : 不眠症の原因と対策 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

不眠症の症状

不眠症と言うと単に「眠れない」症状なのではないかと思ってしまう方が多いと思いますが、不眠症の症状はこれだけではなく、実にさまざまな症状があるのです。

どんな症状があるか、下記でご説明したいと思います。

【入眠障害】
寝ようとして布団に入ったにもかかわらず、何時間も眠ることができない症状を指します。こういう寝付きがよくない症状を入眠障害と言います。
単に1日眠れない日があったからと言ってそれが入眠障害に値はしませんが、布団に入っても1時間以上眠れないと言う症状が1週間以上続いているというのであれば入眠障害の可能性が高いです。
眠らなきゃ眠らなきゃと思うと余計に眠れなくなる悪循環に陥る可能性もあります。

【熟眠障害】
寝付きはいいのですが、夜中に何度も目が覚めてしまい、眠りが浅くなってしまって熟睡できないのがこの熟眠障害という症状です。途中で目が覚めるとこを中途覚醒と言いますが、目が覚めていることに気付かない人もいます。
で、昼間、夜あんなに寝たのに眠いと感じてしまうようになります。

【早朝覚醒】
朝、本来起きる時間ではなくもっと早くに目が覚めてしまう症状を早朝覚醒と言います。
この症状は一度目が覚めてしまうと、寝られなくなってしまいます。
お年寄りの方によく見られる症状です。


上記のような症状が1週間以上続くようでしたら、不眠症の可能性がありますのでできるだけ早いうちに専門のお医者さんなどで診察してもらうのがいいと思います。
   
category : 不眠症の原因と対策 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

不眠症と種類

不眠症にはさまざまな種類があります。原因もさまざまですが精神疾患(うつ病、統合失調症など)や無呼吸症候群などの病気が原因となっている場合もあります。しかしもっとも多い原因としては精神的なストレス・緊張が原因となっているものだと思います。

不眠症が長期化すると大変な症状を引き起こしていくと思いますが、だいたいの不眠症に関しては一過性のものだと思いますので、悩みすぎず気楽にリラックスした状態で構えるのが早く治る秘訣だと思います。

【入眠障害】
不眠症の中でも一番多くの人が悩んでいる症状で、布団に入ってもなかなか寝付けない症状の事を指します。このタイプは寝つきが悪いですが、一度寝てしまうと朝まで起きないという傾向もあるようです。

【熟眠障害】
このタイプというのは、寝つきは悪くは無いのですが、眠りが浅いために熟睡ができません。ですから睡眠時間は長時間でも目覚めも悪く疲れが取れにくいのが特徴として挙げられると思います。

【中途覚醒】
夜中に何度も目が覚めてしまう症状です。トイレにおきるのならばいいのですが、なんにも無いのに目が何度も覚めてしまうので、逆に疲れてしまうとか、そういう症状が挙げられると思います。

【早朝覚性】
朝、自分が思っている時間よりもかなり早く起きてしまってそのまま二度寝ができない状態の事を指します。特に寝付きも悪くなく、熟睡もしているのだけど長時間眠れないタイプの場合が多いです。

ご自分が不眠症ではないか?と感じたら、無理をせず悪化する前に専門の病院などで診断を受けるようにした方がいいと思います。
   
category : 不眠症の原因と対策 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

不眠症の原因と対策

不眠症原因には、運動不足や寝すぎの場合もあります。

とくに、なかなか寝付くことができない入眠困難不眠症だとの症状ばあい、運動不足や寝すぎがないか生活をみなおしてみてください。

もし、コレに当たる場合、生活習慣を少し改善するだけで不眠症の症状が軽減されかもしれません。

日ごろ寝る時間も眠気に任せて、寝るのは朝方、昼頃起きるなどの場合
一日中ゴロゴロしていて、ホトンド体を動かさなかった場合

こういう状況の場合は、夜なかなか寝付けなかったりする場合が多いようです。

ただし、夜寝る前に運動をしてしまうと、逆に体が興奮して寝付けなくなってしまう場合もありますので、昼間にウォーキングをするなど、工夫はひつようです。

また、朝起きる時間をキチンと決めることで、身体のリズムが調整さる方法も試してみるとよいかもしれません。

不眠症に悩んでいるかたはまず、生活習慣の改善から行ってみてはいかがでしょうか。

これらのことを試してもまだ改善されない、とか、明らかに他の理由が考えられ場合は次回に続きます・・・


さて、私も常に不眠を感じていました、適度に運動はしていましたが、昼ごろまで眠れる生活でしたので、朝しっかり起きることにして改善しました、どうしても朝起きられないという場合、一日ぐらい寝ないという荒業もアリかも知れませんね、体調などと相談しながら行ってくださいね、ちなみに、私はこの寝ない方法で強制的にリズムを変えました。
   
category : 不眠症の原因と対策 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
Page: 1/1   
不眠症の原因と対策 | 不眠症の原因と対策サイトトップへ

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

Sponsored Links

Feed

無料ブログ作成サービス JUGEM